TU-8100 + スピーカ(SS-V950AV)で音響特性を測ってみる

真空管オーディオアンプ「TU-8100」、スピーカ「SS-V950AV」の組み合わせで音響特性を測ってみました。

*TU-8100には不釣り合いなスピーカだと思います。つないでみたら普通に音が出たのでとりあえず測定してみました。

この測定はあくまで参考ということでご理解ください。

スピーカの情報
・3wayスピーカー
・メーカー SONY
・形式 SS-V950AV
・定格インピーダンス 6Ω
・最大入力 200W
・5cmコーントゥィーター、10cmコーンミッド、27cmクロスカーボンコーンウーハー
・周波数特性 35〜20000Hz
・サイズ 580×320×280mm

測定はLチャンネルのみ行いました(接続もLチャンネルのみです。)。

TU-8100のボリュームは最大です。

測定ツールはDSSF3(音響測定分析システム)のRA(リアルタイムアナライザVer5.2.0.20)です。

DSSF3のインストール及び事前準備を完了させ使用します。

マイクは、「ECM8000」です。ファンタム電源(+48V)で使用しています。

測定した部屋は、6畳の洋間で私の仕事部屋です。(オーディオルームとは程遠いです。)

部屋の横を川が流れており、水音が聞こえています。!!暗騒音が高いとご理解ください。

入出力特性

入力は、0dBm相当の電圧0.775Vを0dBとしています。

出力はSPL[dB]です。

周波数特性

入力レベルを変えて測定しています。

・0dBm相当電圧入力時の周波数特性です(周波数スイープ)。

・0dBm相当電圧入力時の周波数特性です(ピンクノイズ)。

・-10dBm相当電圧入力時の周波数特性です(周波数スイープ)。

・-10dBm相当電圧入力時の周波数特性です(ピンクノイズ)。

・-20dBm相当電圧入力時の周波数特性です(周波数スイープ)。

・-20dBm相当電圧入力時の周波数特性です(ピンクノイズ)。

ひずみ率特性

入力レベル対ひずみ率特性

入力レベルは、dBmに相当する電圧です。(0dB=0.775V)

・周波数1kHzで測定しています。

約-5dB入力で、TU-8100の出力1.3Wです。

・周波数100Hzで測定しています。

約-5dB入力で、TU-8100の出力0.8Wです。

・周波数10kHzで測定しています。

約-5dB入力で、TU-8100の出力1.3Wです。

周波数対ひずみ率特性

・入力レベルは-30dBm相当電圧で測定しています。

TU-8100の出力は、100Hzで約1.3mW、1kHz,10kHzで約6mWです。

・入力レベルは-20dBm相当電圧で測定しています。

TU-8100の出力は、100Hzで約16mW、1kHz,10kHzで約50mWです。

・入力レベルは-10dBm相当電圧で測定しています。

TU-8100の出力は、100Hzで約240mW、1kHz,10kHzで約500mWです。

・入力レベルは-0dBm相当電圧で測定しています。

FFT特性及びオシロスコープ波形

・1kHz、-0dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・1kHz、-0dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

・1kHz、-6dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・1kHz、-6dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

・1kHz、-10dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・1kHz、-10dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

・100Hz、-6dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・100Hz、-6dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

・100Hz、-10dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・100Hz、-10dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

・10kHz、-6dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・10kHz、-6dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

・10kHz、-10dBm相当電圧入力時のFFT特性です。

・10kHz、-10dBm相当電圧入力時のオシロスコープ波形です。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする